自動採番


自動採番

「見積書番号」の自動採番



「自動採番」とは、作成した書類ごとに重複しない通し番号を自動的に付与するものです。 これによって、発行した見積書や納品書などの管理がしやすくなり、後々の突き合わせ作業などの生産性が上がることになります。


部署別の自動採番


さらに、見積書作成WEBシステム「Sales Quote Assistant」では、全社での通し番号だけでなく、部署別での採番管理もできるようになっています。 管理したい部署ごとにコードを設定すれば、それが自動的に書類番号に反映されるようになります。





機能紹介


見積書の作成、承認、印刷、そして会社の見積書共有まで実現し、営業活動の効率化と顧客対応スピードの向上を図ります。
見積フォームもユーザー企業で自由に設定可能です。

初期設定

簡単3ステップで見積フォームができる!


初期設定のフォームを作成する手順としては、簡単3ステップで作成できます。 見積書(納品書)のフォーム概要(言語、通貨、金額設定など)、印刷レイアウト、フォーム設定すれば見積書(納品書)のフォーム作成が完了します。

見積書作成

社内外どこでも見積書作成!


見積書はあらかじめテンプレート登録(見積マスタ登録)しておくことで、見積書作成時にはテンプレート(見積マスタ)を選択するだけで簡単に見積書作成ができます。

見積書承認・発行

柔軟な承認ルールの構築から各種帳票の出力まで


承認ルールの条件設定をすることで、見積書の内容に応じた承認を行うことができます。また、見積書・注文書・納品書・原価計算書の 各種帳票まで出力可能です。

分析

見積書を元とした受注日/売上日ベースの見込先行管理


先行管理は、登録された見積書データを元に数ヶ月先の受注予定および売上計上予定月ごとに見積金額を一覧表示させる機能です。
受注や売上の先行データである見積書は、業績の先行管理を行い、事前に手を打つフィードフォワードのための貴重な情報となります。

基幹システム連携

マスタ連携や見積データ送信も可


他システムの情報(顧客マスタ、商品マスタなど)を取り込むことが出来ます。基幹と連携することで、顧客情報を一元管理したり、商品マスタの2重登録の手間が不要になります。

アシスタント機能

柔軟な承認ルールの構築から各種帳票の出力まで


専属のアシスタント“AI秘書”とはPC画面上やスマホ・タブレットに表示されるアシスタントキャラクターのことです。 見積書作成WEBシステム「Sales Quote Assistant」の“AI秘書”が営業担当者の業務をサポートします。