案件型営業支援システム

案件営業向け 営業支援(SFA)は、新規顧客開拓をする案件営業スタイル向けの機能を装備したSFAです。
長期間追いかける大型案件を先行管理し、タイムリーかつ有効なアプローチや、埋没案件の撲滅を実現します。

商談情報

商談情報について

商談情報では、訪問(コンタクト)の有無だけでなく訪問目的や進捗度、受注確度、商談時間、商談ニュアンス、次回予定等の詳細情報を登録します。 必要な情報項目は、各企業で自由に設定することができますので、自社の営業スタイルに合った運用が可能です。
登録された商談活動実績データは、商談分析を活用すれば、担当別・顧客別・目的別などの訪問件数推移でグラフ表示されたり、商談進捗推移データとして「見える化」されますので、商談記入を行うだけで、営業プロセス管理や商談進捗チェック、訪問偏差の是正などの分析が可能となります。
次のアクションとして登録された「次回予定」は、スケジュールに連動しますので、抜け・漏れを防止することができます。

日々の訪問有無だけでなく訪問目的や商談時間、商談ニュアンス等の詳細情報を登録します。

商談情報履歴

有効な手を打つためには、現時点の案件概要を把握するだけでは不十分です。案件情報の商談履歴ボタンを押すと、その案件に関わる商談が時系列で一覧表示されますので、これまでの商談内容や、上司・同僚からのコメントからキーマンに会っているか、無理な値引きをしていないか、打つべき手を打っているかなど、モレ・ヌケがないか確認し、次の手を考えることが可能になります。

商談進捗度管理

商談が終るごとに、達成した進捗度にチェックを入れていきます。
一覧表にすると、チェックが入った進捗度は黒く表示されます。
一目で商談がどのステップまで進んでいるのかを確認することができます。営業プロセスの標準化とクロージングに向けた着実なステップアップが可能です。

他社面談者

エンドユーザーとの商談情報を入力する際に、同行したメーカーや代理店の担当者を選択することで、商談履歴を複数の会社に同時に記録できます。各社ごとにデータを入力する手間を省くことができます。
これにより、エンドユーザーだけでなくパートナー企業との人脈情報も管理することができます。

パートナー企業の担当者との商談履歴を見ると、そのパートナー企業との直接の商談に加え、エンドユーザーへ同行した商談も一覧表示されます。

さらに、人脈情報を一覧で見える化する「コンタクトマップ」を見れば、その企業との接触状況が、自社と顧客との関係だけでなく第3、第4の他社も含めて一目で分かります。

同行者

顧客との商談情報を入力する際に、同行した上司や他部門の社員を選択することで、商談履歴を複数の社員に同時に記録できます。
これにより、上司同行・他部門同行も管理して社内の人脈情報も見える化することができます。

同行した商談情報を登録する場合、各社員がそれぞれデータを入力する必要がなく、その手間を省くことができます。

商談の予定スケジュールは同行者にも自動で登録され、また入力された商談情報は上司や他部門の担当者の日報にも同行商談として表示されるだけでなく、連携製品のグループウェア「NI Collabo Smart」のスケジュールにも表示されます。
KPI(先行指標)として訪問件数を設定しているような企業でも、一人が商談を登録するだけで、同行者全員の訪問件数としてカウントされます。
また、「コンタクトマップ」を見れば、顧客のキーマンと自社の誰が深い関係性にあるのか、誰に聞けばこの顧客のことがよく分かるのかといった人脈が一目で分かります。

製品比較