経営改善ノウハウをシステム化した営業支援・情報共有ツール

90年代初頭から経営コンサルティングを通じ、紙の営業日報やSFA(営業支援システム)の研究・開発・運用を行ってきた、NIコンサルティングだからこそ実現できた、電子秘書が現場の営業活動をアシストし、一日一覧日報形式の戦略デイリーモニタリングを実現する仕組み、それが「Sales Force Assistantシリーズ」です。
一日一覧のDaily Monitoring View(日報)を見るだけで、顧客管理、商談管理、案件管理、クレーム管理、訪問計画管理などを実現し、それらの情報を元に電子秘書が必要な情報を提供します。一日一覧なので、上司のコメントなども打ちやすく、社内の情報共有、業務ナレッジの蓄積も促進させます。


「Sales Force Assistantシリーズ」の特長

営業マンをアシストする
真のSFA

営業マンを管理するのではなく営業マンを支援する、真の「営業支援システム」それがSales Force Assistantです。90年代初頭に米国で作られた古いSFAは、営業マネージャーのための管理ツール、Sales Force Automationでした。21世紀の新しいSFAは、現場の営業マンをアシストする「真」のSFA、Sales Force Assistantなのです。

詳しくはこちら

一日一覧で見える化

商談内容は一日一覧の日報画面に集約され、報連相や翌日の予定なども把握できます。上司の指示やアドバイスも簡単に入力でき、管理者のマネジメントを容易にします。

詳しくはこちら

顧客を可視化する
三種の神器

顧客・パーソン間の人的つながりと営業活動の見える化に欠かせない三種の神器、『カスタマーシート』『コンタクトマップ』『リレーションマップ』を使うことで、顧客・パーソン間の人的つながりを一目で見える化、把握・管理できるので、顧客同士の関係や紹介などがキーとなる営業シーンで有効に機能します。

詳しくはこちら

電子秘書に
人工知能(AI)を搭載

電子秘書機能に人工知能「SAI」(Sales Assist Intelligence)を搭載。電子秘書のアドバイスに対して、ユーザー各人がフィードバックを与えることで、電子秘書、すなわち「SAI」は賢く成長していき、より的確でパーソナライズされた営業支援が行なえるようになります。

詳しくはこちら

営業スタイルに合わせた
豊富な製品群

4300社超に及ぶ導入実績で培った実績とノウハウで、業種・業態別、営業スタイル別の営業支援(SFA)・顧客関係管理(CRM)をご提案いたします。案件型営業、ルート型営業、リピートサイクル型営業の組み合わせで、ほぼすべての業種・業態に合った運用が簡単に実現します。

詳しくはこちら

言語、タイムゾーン対応
グローバルに利用可能

日本企業が海外に向けて営業拠点を展開するようなケースに対応し、言語の切り替え、タイムゾーンの設定などができるようになっています。世界中どこでもネットにつながる環境があれば、「Sales Force Assistant」シリーズをご活用いただけます。

詳しくはこちら

ローコスト

Sales Force Assistantシリーズは、クラウドサービスの月額3,500円から、社内サーバーやレンタルサーバーなどにアプリケーションをインストールして使う「パッケージ版」(ライセンス購入)まで、企業規模と運用体制に合わせて最適かつローコストにご利用いただけます。

詳しくはこちら

経営支援システムへの
拡張性

Sales Force Assistantシリーズは、「可視化経営」を実現するために必要となるITツール群、VMS(Visibility Management System)可視化経営システムのサブシステムとして位置づけられ、「NI Collabo Smart」「Approach DAM」「見積共有管理」「MapScorer」「顧客の声」を連携させる統合連動型の経営支援システムに拡張できます。

詳しくはこちら

三島食品株式会社

IT日報でノウハウを共有し、営業力を底上げ。定番商品に安住せず、日次管理で増収を続ける営業体制とは。

詳しくはこちら

株式会社地域新聞社

顧客情報のデータベース化で地域密着とエリア拡大の矛盾を乗り越え、毎期業績アップを実現。

詳しくはこちら

株式会社山櫻

老舗企業が計画的営業スタイルの確立と現場情報の可視化で100年企業への変革を目指す。

詳しくはこちら

株式会社竹虎

マーケットの声を営業戦略と製品開発に活かし、戦略仮説検証スパイラルを高速回転させる。

詳しくはこちら

可視化経営システム運用サポート・コンサルティング

導入支援コンサルティング
可視化経営システム(VMS)をご活用いただくために、コンサルティング・教育、及びサポートをご提案いたします。

詳しくはこちら

アフターフォロー
営業支援システム(SFA・CRM)は、営業の革新を実現し、業績アップを実現するべきものですから、単に導入すればそれで良い、ではうまく行きません。 使う「人」がどういう意識で使うか、蓄積され、共有された情報を「人」がどう活用するか、 など単にシステムだけでは解決できないのが「売るためのIT化」であり、営業支援システムによる営業革新です。 そこで、NIコンサルティングは「Sales Force Assistant」シリーズ導入前のコンサルティングだけでなく、 導入後のアフターフォローまでしっかりバックアップいたします。

詳しくはこちら

リモートコンサルティング・センサー
リモート・コンサルティング・センサー(RCS)機能とは、クライアント企業に導入、運用されている「可視化経営システム」の運用状況(入力率等)を定期的にシステムで監視し、事前設定された閾値に達した場合、弊社に通報メールを送信する機能です。 通報を受けた弊社は、専任のコンサルタントに指示し、必要に応じて運用改善のために訪問して、対処法をアドバイスいたします。

詳しくはこちら

キャッシュバック・プログラム
私どもNIコンサルティングがご提供するのは単なるソフトウェアではなく、業績向上や経営体質強化といった経営改革です。
従いまして、VMS(可視化経営システム)ご導入後、「キーワード設定コンサルティング+SFA導入研修+アフターフォロープラスもしくはフォローアップ研修」または「SFA導入支援トータルサポート」を受診・受講いただいているにも関わらず、もし逆に売上が下がってしまった、ということになれば、弊社の商品及びサービスが不十分であったということであると考えます。

詳しくはこちら

導入ステップ
営業支援(SFA)・顧客管理(CRM)導入による営業改革は大きく次の7つのステップで推進していきます。
ステップごとのポイントをご紹介しています。

詳しくはこちら

運用定着のポイント
NIコンサルティングが20年以上に渡って培ってきた営業力強化ノウハウと3400社を超えるクライアント企業の声を凝縮してパッケージングした完全WEB対応営業支援システム(SFA・CRM)の運用定着ポイントをご紹介します。

詳しくはこちら